情報を「お金」に換える シュミレーション思考 塚口直史氏

知恵の蔵(本)
スポンサーリンク
こんにちは ぷりりん です。
情報を「お金」に換える シュミレーション思考 塚口直史氏

を読みましたので、感想です。

何があっても生き残る力を身に着けろ!

 

表紙の「ジョージ・ソロスを抜いたファンドマネージャーが教える未来の描き方」
これを見て本屋でこの本を手に取った人も多いのではないでしょうか。
私は、この文で心を鷲掴みにされた。
そして、その凄いファンドマネージャーが日本人であることに驚いた。

リーマンショック、ギリシャショック他の投資家が軒並みマイナスとなる中、
常に20%以上のリターンを出し続けたファンドマネージャーの考え方とは。

始めに 『ファンドマネージャーがお金を稼ぐことより大切にしている「思考」』を

知ることができる。
そして、億万長者をお客様にお持ちの著者だからこそわかる
「億万長者が投資をする上で大切にしている事」についても書かれています。

本文では、「シュミレーション思考の」基本的な考え方について
表紙を見ると投資家向けの本のように思えましたが、ここでは、

「転職先選びもシュミレーション思考」が役立つこと。

「会社が倒産しても生き永らえた人とそうでない人の違い」
「新聞は、ある一冊を読むだけで良い」事
「世界で活躍する人の新聞の読み方」
等を知ることができ
投資家以外の方でも役立つ内容も数多くある。

お金の歴史・地政学・リスク管理と続く。
リスク管理ことも投資家以外の方でも十分役立つ内容になっている。

最後に著者は、
シュミレーション思考=ストーリーを作る力=何があっても生き残る力
と 書いています。
何があるか分からない世の中、シュミレーション思考を身に着けて
何があっても生き残る力を身に着けようでは、ありませんか。

ぷりりん でした。
ぷりりん

当ブログ運営者

2010年から始めた投資(株・fx)についてniftyココログに書いていたブログをこちらに引っ越しました。
自分のトレード・勉強してきたこと・読んだ本・セミナー・日常等を書き留めていきました。
参考になるなるとうれしいです。

これをご縁にどうぞよろしくお願いいたします。

ぷりりんをフォローする
スポンサーリンク
↓応援クリックお願いいたしますm(__)m
知恵の蔵(本)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぷりりんをフォローする
スポンサーリンク
お陰様の投資家ブログ

コメント