チャートを読めるようになりたい人は、持っておくべき本「先物市場のテクニカル分析」

知恵の蔵(本)
https://toushi.douen.net
スポンサーリンク

こんにちわ

久しぶりの更新になる ぷりりん です。

今年の札幌は、雪が少なく 昨日までアスファルトだった道路ですが、今朝は一面雪です。

と、言っても まだまだ積雪量はさらり程度ですがね。

今日一日でどれぐらい積もるでしょうか~

スポンサーリンク

先物市場の テクニカル分析

ジョン J・マーフィー 著

日本興業銀行国際資金部 訳

第1章 テクニカル分析の哲学

第2章 ダウ理論

第3章 トレンドの概念

第4章 主要なリバーサル・パターンの研究

第5章 コンティニュエーション・パターン

第6章 出来高と建玉

第7章 移動平均

第8章 オシレーターと反対意見

第9章 イントラ・デー・ポイント・アンド・フィギュア・チャート

第10章 3枠反転基準と最適ポイント・アンド・フィギュア

第11章 エリオット波動理論

第12章 タイム・サイクル

第13章 マネー・マネジメントとトレード戦略

第14章 要約と統合ーテェック・リスト

2010年4月にFXをされている方から、是非読むように勧められた本で、すぐ買ったのですが、途中 この本を見た友達が貸して欲しいとゆうので、その時期ちょうど勉強会のため、読まなくてはいけない本があったので、貸したまま数ヵ月後に戻ってきて、やっと先日読み終わりました。

4月に読んだ時は正直 ただ、読むだけ、ほとんど何が書いているのかも理解できず、ただただ字を読むだけでした。

しかし、友達に貸していた数ヶ月の間に私の知識が増えたのか、戻ってきたこの本を読んでみると、理解できる点も あったんですね~

こうやって時期を変えて何度も読むと、一つの本の理解度も増してゆくのでしょうね。

この本は、「テクニカル分析の辞典」でしょうか~

テクニカル分析の哲学から詳細な分析技法までしっかり説明されています。

先物取引だけではなく、全てのテクニカル分析に使用できるでしょう。

私の財産になる本となりそうです。

テクニカル分析の専門書をお持ちではない方に 是非お勧めいたします。

ぷりりん

当ブログ運営者

2010年から始めた投資(株・fx)についてniftyココログに書いていたブログをこちらに引っ越しました。
自分のトレード・勉強してきたこと・読んだ本・セミナー・日常等を書き留めていきました。
参考になるなるとうれしいです。

これをご縁にどうぞよろしくお願いいたします。

ぷりりんをフォローする
スポンサーリンク
↓応援クリックお願いいたしますm(__)m
知恵の蔵(本)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぷりりんをフォローする
スポンサーリンク
お陰様の投資家ブログ

コメント