お陰様で ぷりりん です☀

この記事にたどり着いたとゆうことは、ご懐妊でしょうか?
おめでとうございます🎊

今日は、戌の日について書いてみようと思います。

戌の日とは

赤ちゃんが健康で無事に生まれます様、母親が妊娠五ヶ月目(妊娠16~19週)に神社で安産を祈願する日の事。
この戌の日に神社で安産祈願をすることから、戌の日参りともいわれています。
また、お腹が大きくなってくる5カ月目の一番近い戌の日に腹帯をまくと良いとされています。

戌の日2022・2023 ・戌の日参り・腹帯戌の日・安産祈願日

1月 9日(日) 21日(金)  
2月 2日(水) 14日(月) 26日(土)
3月 10日(木) 22日(火)  
4月 3日(日) 15日(金) 27日(水)
5月 9日(月) 21日(土)  
6月 2日(木) 14日(火) 26日(日)
7月 8日(金) 20日(水)  
8月 1日(月) 13日(土) 25日(木)
9月 6日(火) 18日(日) 30日(金)
10月 12日(水) 24日(月)  
11月 5日(土) 17日(木) 29日(火)
12月 11日(日) 23日(金)  

戌の日安産祈願しない人

クリスチャン、仏教、又他の理由から安産祈願をしたくない、全く興味がない方もいらっしゃると思います。
その方たちが、安産ではないのか?
また、安産祈願した人が全員安産だったのか?
どちらも絶対ということは、ありません。

人は、神頼みをすると心の平安、安らぎを得られる方も多いのです。
つわりで辛い時、出産で辛い時、また、一人で妊婦中過ごさなければいけない方、色々な事情の方がいらっしゃるでしょう。
「安産祈願をしたから大丈夫」そう思って少しでも強くなれたら頑張れるかもしれません。

お産は、人によっては、命を落とす方もいらっしゃる大変なことです。
どうぞ心安らかに、平安であって下さい。

でも、全く祈願しなくても関係ないと思われる方もいらっしゃいます。
人それぞれの考えですので、お互いに尊重したいですよね。

全国妊娠相談先

妊婦の時も出産してからも大変ですが、少しでも楽しんで、自分なりのストレス解消方法を見つけて下さいね。
そして、一人で悩まず不安な時、困った時は、誰かに相談しましょう。
ありがたい事に今は、ほとんどの方がネットで情報が得られます。
相談窓口も多くなり、調べやすくなりました。

一般社団法人全国妊娠sosネットワーク

SOS赤ちゃんとお母さんの妊娠相談

女性に優しい職場づくりナビ

日本助産師会電話相談

 

ぷりりん でした🍮

 

 
スポンサーリンク