FX米ドル/円来週のシナリオ & FXスカイプ勉強会 2011年4月30日(土)

FX
https://toushi.douen.net
スポンサーリンク

おはようございます ぷりりん です。

2011年4月30日(土)

スポンサーリンク

米ドル円来週のシナリオ

トレンドライン、それと平行のチャネルラインを引くと わかりますが、綺麗な下降トレンド中です。

しかも陰線続き。

トレンドの中にも 小さな波があり、それが、上昇したり、下降したりして 全体のトレンドになっています。

ここ数週間は、ろうそく足が陰線です。

来週は~

来週の目線も、いつものように 緑の矢印で 書き込みました。

FXスカイプ勉強会

毎週好例金曜日22時からのFX夜スカチームによるスカイプの勉強会 ですが、昨日の勉強会での内容を少し。

いつものように、二人の今週のトレードを皆でチームビュアで見ました。

自分のPCのチャートに、建値の場所と決済した場所に印を付けておき何故そこの場所で、入ったのかの理由と決済した理由を聞きます。

そして、それを皆で検証していくわけです。

その中で、興味深い点が指摘されていました。

シナリオを考えてトレードしてますか?

指摘された方は、シナリオを考えるのが苦手だと言っていました。

動いているチャートを見ながら、これからの予想をする。

トレンドライン、チャネルライン、平行線を引いて今までの動きを見て、繰り返しの動きを見つけ今後のシナリオを考える。

ここで、跳ね返されたのなら次は、ここまで上がりそこで、押し戻されて又下降していくだろう・・・等。

そして、飛び乗りをせず、しっかりシナリオを考えた所まで待ってからシナリオどおりに動いている事を確認してから建値を置く。

シナリオを考えずトレードをするから入り遅れたり利確をし損ねて、結局損切りにしてしまったりする。

トレンドの変化を見極めるには、私が時々書く、黄色の目線の切り替えラインが有効です。

この線を実線で越えた時には、小さなトレンドが変化した事がわかります。

また、シナリオを考えるのが苦手な人は。

とりあえず、私が毎週している、週足での、シナリオを考えてみる。

トレンドライン、チャネルライン、水平線を入れ。

目線を 矢印で入れておく。

この訓練から始めると良いかもしれません。

そして、これを毎日 日足で、トレートをする前に必ず考える。

全ては、訓練です。

最初から出来る人は居ません。

しっかり成績を収めている方が、これはするべきだと言ったことを素直にしてみる。

そして、それを自分の物にする。

まだまだ勉強中の私です。

一緒に 前進して行きましょう~

ぷりりん でした。

[amazon_link asins=’4905176336′ template=’ProductGrid’ store=’erina4444-22′ marketplace=’JP’ link_id=’a548b206-f28f-11e8-b88b-9bb84e71a44d’]

ぷりりん

当ブログ運営者

2010年から始めた投資(株・fx)についてniftyココログに書いていたブログをこちらに引っ越しました。
自分のトレード・勉強してきたこと・読んだ本・セミナー・日常等を書き留めていきました。
参考になるなるとうれしいです。

これをご縁にどうぞよろしくお願いいたします。

ぷりりんをフォローする
スポンサーリンク
↓応援クリックお願いいたしますm(__)m
FX投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぷりりんをフォローする
スポンサーリンク
お陰様の投資家ブログ

コメント

  1. ぷりりん より:

    ととろんさん
    こんばんわ
    今後とも宜しくお願い致します。

  2. ととろん より:

    お返事ありがとうございます。
    現在は募集していないんですね[E:down]
    今後もブログを拝見していこうと思います。
    もし、募集が開始されましたらブログで紹介していただけると助かります。

  3. ぷりりん より:

    ととろんさん こんにちわ
    FX夜スカチームに入るには、まず、A氏の FXファミリーに入らなければならないのですが、次は、いつ募集するかわからないようです。
    FXファミリーの中の、夜スカイプチームということです。
    毎週金曜日の夜スカチーム勉強会での アウトプットは、土日にしていこうと思っていますので、是非、チェックして下さいませ。
    又お越しくださいね。
     

  4. ととろん より:

    スカイプを利用しています。FX夜スカチームに参加させていただくことはできないでしょうか?
    どうかよろしくお願いいたします。